2014年09月25日

大きなデッキ

ウッドデッキは私の住んでいる湘南地方では特に根強い人気があり、
サーフィンを楽しんでいる人がボードやウエットを干したり、夏季に
バーベキューしたりする癒しのスペースには最適です。
デッキになる木材は色々あるのですが、大きく分けてレッドシダーを代表とする
柔らかい素材とイペやウリンといった硬く密度の高い素材に分かれます。
最近では腐食しにくいとされる後者ハードウッド系が多く見られるようになりましたが、
お子様が素足で楽しむ時等には硬い棘がささる事もあり、私は柔らかなウッドを
お勧めしています。レッドシダーは最初はヒノキの香りも高くつい靴下を
脱いでしまいたくなる気持ち良さです。メンテナンスも塗装を1年に1度施すだけで、
劣化も大分防げます。
写真のデッキは花壇を立ち上げていますので、リビングからお子様とそのまま
素足でお花の手入れができる、リビングの延長ガーデンを体現したものになります。P3210072.JPG


posted by Ash-garden at 17:44| Comment(0) | 施工例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。