2017年01月26日

いよいよ佳境自宅リフォームでもその前に

自宅のリフォームを始めてから早3年。最初はガレージを作り、ガーデンの手入れをして、、、
いざ母屋へ。まず着手したのが屋根だったのだけど、大分昔になってしまったので
レビューさせて下さい。佳境の内装な次回以降にお知らせします。

まず我が家は築40年の在来工法で建てられた和風建築。
青瓦を下す事から始めました。
DSC03582.JPG
これはこれで釉薬が美しく好きだったのですが軒をもっと伸ばしたかったのと、
やはり耐震の事を考えて軽量のアスファルトシングルに葺き替える事にしたのです。
野路板だよ.JPG
瓦を降ろす作業は昇降機を使用したものの、
体力的には大変でした。1枚の瓦の重みは想像以上だったからです。
チャチャの励ましがなければ、成し遂げられなかったでしょう。
瓦の下から古い野地板が出てきました。
DSC03527.JPG
古い野地板を捨てて、下地を貼るも荷揚げが大変。。でもどうにか完成!
防水2.JPG
その上に防水シートを貼ります。
防水シート.JPG
が、全て貼り上げる頃には下山する力も無くなりました。
アルマ貼りDSC03537.JPG
やっと屋根材に辿り着いたのです。アスファルトシングルはアメリカでは
とても人気のある軽量で丈夫な資材です。色も素敵でしょ。
実は屋根はかなりの高さなのですが、できるだけ下を見ないようにして、
昔器械体操で鍛えたバランス感覚を信じて、貼って、貼って貼り上げました。
DSC03564.JPG
そして、この屋根の面積。この写真を見る度にその時の疲労が眩暈と共に蘇ります。
こちらは北側に下がる屋根ですが、屋根下は途中からはガレージになっていて
トップライトのポリカが見えています。
天気が良ければ富士山も見えますよ。
DSC_4217.jpg
いかがでしたでしょうか。屋根葺き替えSTORY!
でも、こちらの作業を遣り遂げてすっかり自信をつけた私達は
学生の頃のお友達にプレゼンをして、お宅の屋根の葺き替えをする仕事を
幸せにも頂戴する事になりました。
発注者の友人も、私達もチャレンジャーですが、工事した後は自宅も友人宅も
トラブルは一切無し!幸せが体に満ち溢れます。
有難う、私の丈夫な体。そして新米の私達に屋根の仕事をプレゼントしてくれた
勇気のあるお友達!

続きを読む
posted by Ash-garden at 21:01| Comment(0) | 自宅リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茅ケ崎住宅公園花壇

昨年末に竣工した地元茅ケ崎の住宅展示場の花壇。
冬でも元気がでるようなヴィヴィッドな発色のハボタンとオレンジのビオラ。
そしてストックを寄せ植えしました。
DSC_2744.jpg
ハードウッドでできた横に細長の花壇です。
DSC_2714.jpg
天端に笠木をつけると雰囲気がとても良くなります。
ブラウンに少しだけ塗装をしてあります。
DSC_2728.jpg
これから4月位までは最小限のメンテナンスで花が膨らみ続けてゆきます。
こちらは茅ケ崎の駅に近く隣にはイオンモールがあり、お買い物の帰りに
カラフルな花壇を楽しんで頂けたら嬉しいです。

続きを読む
posted by Ash-garden at 20:17| Comment(0) | 施工例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

Gävleにて

ストックホルムの友人宅に向かって、スウェーデンの北から
アプローチしました。車の走行距離も4,000q位になってしまいました。
キャンプ生活が続いた山間、海辺から郊外の街にやってきました。
今回の旅で案内できる最後の街はGävle。大学のある古く、小さくそして
とても美しい街。
IMG_3871.JPG
本日泊まるホテルはEliteGrandhotel.
まるでウィーンにいるみたいです。
IMG_3802.JPG
アールの窓のフレームが赤く黄色の外壁と合っています。
IMG_3877.JPG
建物中の装飾はまるで砂糖菓子のよう。ホワイトとイエローでまとめてあります。
IMG_3873.JPG
目の前に橋がかかっていて、欄干にお花の装飾が。センス良いです。
IMG_3817.JPG
近くの公園もグリーンが水水しく、フクシャが満開でした。
IMG_3838.JPG
この日は休日だったので人通りは少なかったのですが、
街歩きがついしたくなるような素敵なお店が点在しています。
IMG_3831.JPG
古い劇場です。それ程は大きくないのですが、こんな建物があるだけで
周りが華やかになります。市民の心の拠り所になるでしょうね。
IMG_3808.JPG
寄せ植えがゴージャス。暑くないので植物が
生き生きしています。
IMG_3824.JPG
花の種類は少ないのですが、町全体で寄せ植えや
街路樹下、公園内もカラーがまとまっています。
コンセプトを決めてデザインしているのですね。
IMG_3825.JPG
こんなシンプルな椅子でさえ、背もたれ、肘掛のデザインが
秀逸でした。
IMG_3857.JPG
今回の旅で出会った一番のガーデン。コミュニティーガーデンです。
同じ仕様の箱を用意して有志を募って、野菜や花、多肉まで好きなものを
植えてそれぞれ楽しんでいます。自邸に庭がなくてもここに来てガーデンを楽しみ、
植物好きの友達とティーブレークして寛ぐ。
何て素敵なアイディアでしょう。そして美しい。
IMG_3855.JPG
今回の北欧旅行、最後の写真はこの小さな野菜達の苗箱にします。
北端のノールカップ、切り立ったノルウェーのフィヨルド、フィンランドの
何処までも続く針葉樹の森。どの光景も忘れる事はできません。
でも、この箱の中の小さな世界にも同じ位のパワーを感じます。
初めて見たもの、触れたもの、感じたもの、素敵なものは全てこれから作る
ガーデンのエッセンスにしたいと思っています。












続きを読む
posted by Ash-garden at 19:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストックホルムに向かって

旅も終盤。アナ雪のイメージのオリジナルでもあったレイン村を後に
オー村の港、そしてボーデへ向かいます。
IMG_3596.JPG
フェリーはこんな感じ。前が開いて車やバイクを運ぶのですね。
IMG_3605.JPG
諸島から段々と離れて少し寂しい感じもします。
切り立ったランドスケープともお別れです。
IMG_3726.JPG
本日泊まったはモーイラーナの近くのcampsite。
ゴージャスなcarhouseばかり。ちいさなテントを張っているのは
私達の他にはドイツ人のファミリーだけ。
IMG_3732.JPG
でも家族とワンコと一緒にこんなに長閑な処に泊まれたらそれだけで
幸せです。
IMG_3740.JPG
コッテージ付きの処は長期滞在の方々。
キッチンにもシャワールームにもいらっしゃいません。
全部ついていますものね。
IMG_3739.JPG
人気の場所みたいで、スペースは一杯です。湖を望む場所で素敵。
IMG_3756.JPG


スキーのシーズンも良いそうです。クロスカントリーとか
スノーモービルが人気だそうです。
IMG_3778.JPG
心が洗われます。こんな景色を切り取って、少しでも旅のエッセンスを
自分の作るお庭に生かしてゆきたいのです。


続きを読む
posted by Ash-garden at 18:55| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

タラ漁の街に別れを告げて

IMG_3232.JPG
ロフォーテン諸島は現在でもタラ漁が盛んな処です。
街をサイクリングすると干したタラが積んであるレストランに着きました。
IMG_3230.JPG
干した後でこんなに大きいとは。元々どの位の大きさなんでしょう。
IMG_3398.JPG
本日のコッテージは漁師小屋そのものなので、とても気持ちが盛り上がります。
デッキで隣の棟と繋がっているのですね。
夕刻に再びドライブしました。明日は諸島ともお別れです。
IMG_3511.JPG
隣街の海沿いにこんな凝った造りのデッキスペース。サンダルで歩くには
少し不安定ではありました。
IMG_3530.JPG
穏やかな湾で夕刻の時間を楽しみます。
IMG_3338.JPG
開けた海あり、フィヨルドありで景色では全く退屈しません。
IMG_3270.JPG
見て回った中でもとても透明度のよかった場所。ここでワインを頂きました。
明日フェリーでいよいよオー村からメインランドのボードーへ向かいます。


続きを読む
posted by Ash-garden at 15:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。